ドルオタでもおしゃれになろう

ファッション・アイドル中心にまとめてます。

入社即会社やめたい

 

 

タイトルのようなことを考えている人もいるのではないでしょうか??退職しちゃいましょ()

 

私もそのうちの一人です。

今月新卒の新入社員として、入社してすぐ辞めたくなった人、また仕事を辞めたいと思っている人、共有しましょう。就活をしている方もこの考え方を知って欲しいので就活生も是非。

 

この記事では、私が会社に入り感じたことを正直に書きます。私の会社は別にブラック企業ではないのですが、辞めたいと思ってます。

 

「これは完全に主観的意見でそこらへんのおじさんの批判の的になりそうですがそうなったところで別にどうでもいいです()

 

 

 

 

 

1,入社した時の思い

2019年4月1日に私はとある企業に入社した。

 

会社に入り1日経ち「ここにいてはいけない」と思った。

自分が自分じゃなくなったような感覚、この先何十年もこの会社に使われてしまう。そのように思った。ストレスで毎日のルーティーンもこなせなくなった。

 

そのように思った原因は、会社の一般研修にあると思った。

会社の一般研修では、社訓や社長の考え、社会人として働くということ、社会人としてのマナー、を会社の偉い人()、研修員が話します。私の会社の一般研修はこうだったが、恐らく他の企業の一般研修もそうだと思う。

 

私は、この一般研修を「洗脳」の一種だと思った。

「メールの送り方はこうだ」「エレベーターの乗り方はこうだ」「家に帰っても自己研鑽」「名刺交換のやり方はこうだ」「社会人としてはまずは我慢」「できないと言わない」

など、、、

 

「なんでそんな決めつけてくんの?」

 

と思った

 

私は一人一人自分のやり方があると思うので、そんなやり方押し付けられてもなあと思ってしまった。(不適合者ラブチンスキー)

やり方を統一され、何もわからない新入社員の、学生中に形成された価値観を壊していくように思った。

 

そしてその後、役員が更に「洗脳」と思わせる発言をした。

 

「今は違和感を感じているけど、3か月耐えれば慣れる」

 

と。私はこの言葉を聞いて絶対にこの会社に洗脳されないぞ!と思った。

この役員は、「慣れる=違和感を感じていることを感じなくなる」

ということを言っていると私は捉えた。

 

しかし、

周りの新入社員は、笑顔でその話を聞いて頷いているのです。

「なぜ疑問をもたないのか」「なぜすべて受け入れるのか」

私はこう思った。

 

まとめると、「私は会社の道具になってしまった」と思った。

 

 

 

2,拘束時間

 

また、やはり日本は拘束時間が長すぎると思います。定時だとしても長すぎる。

週5日は朝から夜まで仕事をする。人生のほとんどの時間を捧げることになります。

会社で働くとは、人生を捧げることなのだとわかりました。

 

私は、好きなことをせずに「人生のほとんどの時間を会社に食われていいのか」

と思いました。

 

日本はそれが「正義」と言いがちですが、そもそもそれがおかしいですよね。

 

それなら少し貧乏になって安定を失っても、好きなことを突き詰めていくのが良いのではないでしょうか??

 

 

 

3,日本は辞めづらい環境

そうは言っても、日本に生きていて正社員が仕事を辞めることはとても勇気、芯のある強い心が必要。

 

日本は特に、「周りに合わせようとする、多数派に合わせる」

そんな意識が根強くあると思う。

実際に入社日初日、私の会社の新入社員はほとんど黒のスーツ、就活用の持ちづらいバッグを持っていた。

 

また、親からの目や世間体がある。

やはり親は、子供を一般的な道に進ませ、安定を求める。やめるとちゃらんぽらんに思われる。

一般的な道を進んできた新入社会人は、そうなった時にどうなるかわからない。今まで一般的な道を進んできたから。

人間は、先の見えないものが怖いので、より辞めづらくなってしまう。「やめたらどうなるんだろう。親はなんていうだろう。生きていけるのかな」

などと思う。

 

周りに合わせようとする意識があるからこそ、正社員として会社に捧げるという一般的な道から脱げ出すことができない。

 

 

4,現代は指標がある。

上記のような理由で、新社会人は辞めることができないひとが多い。

しかし、今の時代SNSが発達したことにより、仕事を辞めた人の現状を見ることができる。

特にyoutubeでは、入社後即仕事をやめた人がその後の生活を動画投稿していたりする。

 

今の時代はそのように、今まで隠れていた層の人間を見ることができる。

なので、辞めた後の想像がつき行動に移しやすいのではないかと思う。

 

 

 

5,まとめ 

 今回は入社後の私の気持ちをまとめてみました。(後半ちょっと内容それた)

とにもかくにも、もう成人している私たちですから、自由に自分で決めてしまえばよいのでしょうか。

やめてもとりあえず生きていけますよね。

自分の好きなこと、やりたいことを考え後悔のないように生きていきたいですね。